*

熟年離婚のきっかけはいったい何?

「離婚」を一度も考えたことがないという人はいらっしゃいますか。きっと、一度は「離婚」を考えたことがあるのではないですか。
離婚届 大抵は一過性の考えで終わるのでしょうが、今の時代、きっかけさえあれば離婚したいという人がたくさんいるのではと思われ、本当に辛く悲しい世の中になってきたなぁと感じてきます。
熟年離婚の場合、性格の不一致、夫の浮気など長年に渡って苦しめられた精神的苦痛を一気に爆発させ、夫の定年などをきっかけに突然に配偶者に離婚を言い渡すというケースが多く、言われた側にとっては突然言われるものだから晴天の霹靂といった感じになるでしょう。
離婚を言い渡された後に今までの行動などを後悔したとしても、一度切り出された離婚話を元にもどすことはなかなか困難なことです。 長年精神的苦痛を耐えてきて、やっとめぐってきた苦痛を取り去るチャンスなのですから言った方もなかなか頑固だと思います。
このように記述していると妻が夫に対して離婚を言い渡すというイメージを持たれそうですが、逆のケースももちろんあります。 「うちの妻に限って」「うちの夫に限って」など、ほとんど根拠がない考えは持たないようにしましょう。
それでは、熟年離婚に遭遇した場合の慰謝料や財産分与、離婚後の生活などなるべくトラブルを招かないよう当サイトの情報を参考にしてみませんか。
2/8
2016

熟年離婚を防ぎましょう

rikon05

熟年夫婦における離婚が増加しています。なぜ熟年離婚が増加しているかと言うと慰謝料や財産分与の他に、年金分割制度とできたことが理由とさ…